体験予約 LINE予約

blog
ブログ

ダイエット中に食べれる外食(どんぶり編)

皆さんこんにちは!

カロリートレードトヨカワ代表の相馬です!

ダイエット中に食べれる外食(どんぶり編)

ダイエット中は食事制限をすることが多く、特に糖質を多く含むご飯は控えることが多いですよね。

 

しかし、そんなダイエット中でも時には丼物などを食べたくなる時があると思います。

 

そこで今回は、ダイエット中に食べれる丼物についてご紹介していきたいと思います。

 

 

ダイエット中にオススメの丼物はどれ?

 

それでは早速、ダイエット中でも食べられる丼物についてご紹介していきたいと思います。

 

 

1:親子丼

まず最初にご紹介するのは「親子丼」です。

 

親子丼は1杯あたり焼く684kcalと丼物の中ではカロリーが低めな方なのが魅力です。

 

また、鶏肉と卵はどちらも高タンパクな食べ物ということもあって、タンパク質は1杯あたり31.95g含まれています。

 

タンパク質は筋肉を作る元となる栄養素で、筋肉を増強することで基礎代謝量が増えて痩せやすい体になります。

 

逆にタンパク質が不足してしまうと体は筋肉を分解してエネルギーを賄おうとするため、筋肉量が落ちて痩せにくい体になってしまいます。ダイエットをする上でタンパク質は非常に重要な栄養なので、しっかりと摂取して痩せやすい状態を維持したいですね。

 

その他、卵自体が様々な栄養素を豊富に含んだ食材ということもあって、複数の栄養素を同時に摂取出来るというのも親子丼の魅力です。

 

ダイエット中に丼物が食べたくなったら、親子丼を選ぶのが良いでしょう。

 

2:すき家 牛丼ライト

 

 

次にご紹介するのはすき家が提供しているメニューの1つである「牛丼ライト」です。

 

牛丼ライトはご飯の代わりに豆腐を使っているというメニューで、通常の牛丼に比べて糖質やカロリーを大幅に削減しています。

 

ちなみに牛丼ライトのカロリーは

 

・ミニ:329kcal

・並盛:425kcal

・大盛り:515kcal

 

となっており、丼物としてはかなり低くなっています。

 

また、タンパク質もミニで20.9g、並盛で25.7g、大盛りで30.1gと豊富に含まれているのもポイントです。

 

その他、サラダと一緒になったメニューなので食物繊維なども一緒に摂取することができ、非常にヘルシーなのも嬉しいですね。

 

ネギトロ丼

次は「ネギトロ丼」についてご紹介していきます。

 

ネギトロ丼はお肉を使っている丼に比べてカロリーが低いので、ダイエット中に食べる丼物として適しています。

 

ネギトロ丼のカロリーは並盛1杯(約404g)につき626kcalとなっています。牛丼並盛1杯のカロリーが約733kcalとなっているので、かなり抑えられていると言えるでしょう。

 

また、タンパク質は1杯あたり37.09gと豊富に含まれているというのもメリットです。筋肉の維持に役立ちますね。

 

その他、脂質を燃焼させてエネルギーに変換してくれるサポートを行うビタミンB2や、タンパク質の代謝を助けて筋肉を作りやすくしてくれるビタミンB6なども含まれているので、カロリーの低さやタンパク質の豊富さ以外にもダイエット効果を得ることが出来るというのが特徴です。

 

ダイエット中に丼物が食べたくなった時は、是非ネギトロ丼を注文してみてください。

4:ビビンバ

 

次にオススメしたい丼物は「ビビンバ」です。

 

ビビンバはご飯やお肉だけではなく、様々な野菜を混ぜ合わせているため意外とカロリーが低い料理となっています。

 

ビビンバのカロリーは1人前(約466g)あたり593kcalほどなので、他の丼物に比べれば気軽に食べることが出来ます。

 

また、タンパク質も1杯あたり27.21gと十分な量が含まれているのも嬉しいポイントです。

 

その他、ビタミンやミネラルもバランス良く含まれている丼物ですので、栄養が偏りがちなダイエット中の食事として十分選択肢に入ると言えます。あなたも是非、ビビンバを食べてみて下さい。

5:とりそぼろ丼

 

次にご紹介するのは「鶏そぼろ丼」です。

 

鶏そぼろ丼も牛丼などの他の丼に比べるとカロリーが低いためオススメです。

 

鶏そぼろ丼のカロリーは1杯(約404g)あたり667kcalとなっており、タンパク質は28.85g含まれています。

 

こちらもダイエット中の方にオススメの丼物ですので、是非食べてみてください。

ダイエット中に丼物を食べる際の注意点

以上、”ダイエット中に食べれる外食(どんぶり編)”でした!

 

丼物というのはご飯がメインになる都合上、基本的にカロリーや糖質が高くなりがちです。

 

しかし、しっかり種類を選べばカロリーが比較的低いものもありますので、絶対に食べてはいけない食べ物というわけではありません。ダイエット中に丼物が食べたくなったら、是非今回ご紹介したメニューを注文してみてください。

 

ただし、カロリーが低めだからと言って大盛りにしてしまうと意味がなくなってしまうので、その点には注意しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

 

YouTube始めました!!

最新動画はこちら
⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

チャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

– この記事を書いた人 –
カロリートレードジャパン豊川店
パーソナルトレーナー

相馬 啓生
そうま ひろき